これまでの活動報告

<令和2年12月>

田辺よし子活動報告R2.12_1
画像を選択すると別画面で表示します
田辺よし子活動報告R2.12_2
画像を選択すると別画面で表示します

<平成3年〜令和2年>

田辺よし子活動報告1
画像を選択すると別画面で表示します
田辺よし子活動報告2
画像を選択すると別画面で表示します

田辺よし子からご挨拶

田辺よし子イメージ写真

下関市民の命と生活を守るために。

私は2歳の時に脊髄性小児まひにかかり、その後、身体的ハンディがある中で今日まで、常に自分に使命を課し、自分の使命・やるべきことに全力で取り組み実行をしてまいりました。

市民の皆様のお役に立ちたいと市議会議員を志し、皆様のおかげで6期やらせていただきましたが、最近の、特にここ数年の政治・行政は権力者による公金や公権力の私物化・不公平・不公正な事件が相次ぎ、国民を軽視しているとしか思えません。

それでは下関市政の現状はどうでしょうか。
本市においても、国政を真似たように公権力や公金の私物化が疑われるようなこと、あるいは公正・公平であるべき市政がゆがめられている事例が発生しています。

現在の市政が、本当に市民のためになっているのか。
市議会議員として市政を批判するだけで下関市を良くすることができるのか。
どうすれば下関市が良くなるのか。

このようなことを真剣に考えてきました。
この間にも国政、市政において不公正な事態が生じ、あるいは顕在化しました。

下関市を良くするため、下関市民の幸せのためには猶予は出来ません。

「下関市民の幸せのために働かせていただくのが自分の使命だ」

という信念と強い覚悟で、 終始一貫ブレることなく頑張ってまいります。

田辺よし子

田辺よし子 プロフィール

  • 昭和23年3月20日生まれ、血液型A型
  • 2才の時脊髄性小児麻痺(ポリオ)に罹患、以降2種4級の障害者
  • 家族構成/夫・一男・一女
  • 下関市立角倉小学校・彦島中学校卒
  • 山口県立下関南高等学校卒
  • 小倉ドレスメーカー女学院卒
  • 下関市議会議員6期22年
  • 下関市肢体障害者福祉協会会長
  • 下関市身体障害者団体連合会副理事長
  • 元家庭裁判所調停委員
  • 保護司
  • NPO法人福祉事業振興会理事
  • 男女共同参画ネットワーク サンシャイン21
  • 福祉フェスタ実行委員会事務局長
  • ふれあいバザール彦の市代表
  • 本村小学校コミュニティスクール委員
  • 資源リサイクルセンター事務局長
  • (有)清末農場 代表取締役

活動内容

まかせてください。いつもまじめに一生懸命!!
すべての議会で「市民の側に立ち」質問・追求・討論をしてきました。

景気対策

下関市内の中小零細企業や、商店等の経営を支え、雇用を安定させることが大切です。

事業仕分

税金のムダ使いを徹底的になくし年金、医療、介護など福祉の強化や、教育費、保育料、年金、国保料、介護保険料、水道料金、ゴミ袋など公共料金の引き下げのために使うことが大切です。

下関市議会 最新の発言・質問内容

<令和2年12月14日 第4回定例会(12月定例)にて一般質問>

1.前田市長の政治姿勢について

<令和2年9月18日 第3回定例会(9月定例)にて一般質問>

1.新型コロナウイルス感染下における下関市の対応と今後の取り組み
2.本庁舎前市民広場内のTAGLINEについて
3.下関市立大学について

<令和2年6月15日 第2回定例会(6月定例)にて一般質問>

1.事業者に対する支援持続化給付金について
2.特別定額給付金給付事業等について
3.下関市立大学について

田辺よし子 下関市議会での発言写真1 田辺よし子 下関市議会での発言写真2

下関市議会 これまでの発言・質問内容

<人口減少対策について>

質疑:下関は15年前から人口減が続いているが若者の流出を止めるための方策はあるか?「子どもを産むなら下関。子育てするなら下関。」のための支援策はあるのか?

<新庁舎整備事業について>

質疑:22億円もの税金を使ってまだ使える庁舎を建替える必要はない。このまま使うべきである。

<上下水道事業について>

質疑:山口県内13市の中で2番目に高い水道料金と3番目に高い下水道使用料。なぜこんなに高いのか?せめて山口県内平均値とするべきである。

<安岡沖洋上風力発電計画について>

質疑:低周波の人体への悪影響に対し、風力発電計画に反対する10万人の住民の署名に対し下関市はどう対処するのか?

<障害者雇用率について>

質疑:下関市役所における障害者雇用率は適正であったか?障害者優先調達法を市は順守すべきである。

<まちづくり協議会への交付金の減額について>

質疑:なぜ50%もの大幅な減額をしたのか?住民の手による住みやすいまちづくりのための計画は続行できるのか?

<平成15年:有料指定ゴミ袋について>

質疑:他市に比べて高すぎるゴミ袋、他市並みに引き下げるべきである。ゴミ袋値下げを求める10万7000人の市民の署名に対して、市長はどう応えるのか。資源ゴミ袋は市販の透明ビニール袋で良い。

この他にも文教厚生委員会・経済委員会において教育・福祉・年金・医療・介護・環境・経済など下関市民生活を守るために発言しました。

発言についての詳しい内容は、下関市ホームページ内「市議会議会中継」にて動画でご覧いただけます。→下関市議会・議会中継のページをみる

お問い合わせ

たなべ よしこ田辺よし子女性の市長をつくる会

  • 〒750-0004
    下関市中之町7-7(唐戸市場の前、亀山八幡宮の下)
  • TEL: 083-242-2868